ストレスが溜まることでの影響

子供がいると子供中心の生活リズムになるため、なかなか自分の時間を持つ事はできません。新生児のうちは赤ちゃんのまとまった睡眠時間が取れず、寝不足になってしまったり、少し大きくなると、なかなかいう事を聞いてくれなかったりします。子育ては、気持ちばかり焦って思うようにいかないことが多く、ストレスが溜まりがちです。自分自身だけでなく、子供にもよくありません。ついつい口調が強くなってしまったり、表情がきつくなってしまったり、それが続くと子供は親の顔色をうかがうようになってしまうかもしれません。そうならないためにも、自分なりのストレス発散方法を見つけることが重要です。

子育ては一人で抱え込まないことが一番大切なので、たまには誰かに甘えて、一人で出かけてみるのも気分転換になります。のんびりショッピングしたり、エステに行ってみたり、自分のための時間を確保してみるのもいいでしょう。

家でできるストレス解消法

家でできるストレス解消法として、いつも頑張っている自分へのご褒美として、ケーキやチョコレートなど、甘いものを食べるのもいいかもしれません。糖分はイライラを落ち着かせる働きがあると言われています。食べ過ぎは良くありませんが、少し糖分を補給することでイライラの緩和に繋がります。 子供が寝ているうちに家事をしようと考えるお母さんは多いのではないでしょうか。ですがたまには、お昼寝や夜など子供と一緒に寝てしまいましょう。睡眠不足は脳の働きを低下させてしまいます。睡眠時間の確保はとても大切で、しっかりとることで集中力もアップし気分もスッキリします。 趣味などの好きなことをするのもいいです。子供が寝ている間に映画を見たり、音楽を聴いたり、本を読んだりと好きな事をすると気分が落ち着きます。 自分に合ったストレス解消法を見つけて、子育てを楽しむ余裕を持ちましょう。